食事制限が守れない患者と家族。糖尿病の指導入院中にケーキの差し入れをする家族って・・・。

 

患者さんは、病気を治療する為に入院していますよね。

 

その治療法として、手術、点滴、内服などが行われています。

 

疾患にもいろいろあって、手術や内服をする事で完治するものもあるんですけど、完治する事が難しく、退院しても、その病気と付き合っていかなければいけない場合があります。

 

そのような疾患の場合には、退院した後の健康管理や、生活する中で注意する点など、患者さんに指導を行う事があるんですよね。

 

ほとんどは、生活習慣病です。

 

生活習慣病を予防する為には、食生活や運動など、生活を見直す事がとても大切なんです。

 

でも、これがなかなか難しいんですよね。

 

生活習慣というのは、いくら指導しても、簡単に直るものではないんです。

 

入院している時には、食事も何もかもが制限されるので、症状が改善しますよね。

 

でも、退院すると、元の生活に戻ってしまうので、また病気が悪化して、再入院になるというケースがとても多いんです。

 

その代表的な疾患が、糖尿病なんですよ。

 

糖尿病の患者さんに一番大切なのは、食事制限なんです。

 

内服やインスリンをして、血糖値が上がるのを一意的に防ぐ事ができても、食事制限をしなかったら、血糖血をコントロールする事ができないんですよね。

 

糖尿病で怖いのは、合併症なんです。

 

糖尿病が原因でいろいろな疾患を併発してしまうんです。

 

生活習慣を改める為には家族の協力がとても大切ですよね。

 

でも、入院中にケーキを差し入れに持っている家族もいるんですから驚きです。

 

そんな事では、食事制限ができるわけありませんよね。

 

そのような患者さんは、一旦退院しても、必ずと言っていいほど、症状が悪化して、再度入院になるんですよね。

 

生活習慣病は、簡単に完治する事はできないと、つくづく思いますね。

看護師転職サイトで働く場所を決めればさらなる給料アップ!

看護師のお仕事と言えば、誰もが気になるのが、お給与の額ですが、一般的には普通のOLさんよりも多くもらえるというイメージがあります。

 

人の命を預かる病院でのお仕事ということで、当然と言えば当然かもしれませんね。

 

実際は、手取りで月々約25万弱くらいのお給与を受け取る方が多いようです。

 

一般の会社に勤める場合、入社して3年目くらいまでは、手取りで12〜16万くらいという会社が多いようですので、看護師さんのお給与は、そう思うと圧倒的な差があると思います。

 

ただ、看護師さんのお給与の中には、夜勤手当や各種手当や危険手当(精神や感染・特に血液を扱うなどリスクのある現場に数千円〜1万円)が含まれています。

 

これを高いとみるかは、それぞれだと思いました。

 

ただ、看護師になる方は、看護師になりたい!と決めて、志し、国家資格を取得するために、看護師専門学校に通ったり、その間たくさん努力をして勝ち取った資格だと思います。

 

ですので、仕事へのやりがいを重視する方も多く、自分の技術のスキルアップを目標に働くということを考えると、お給与の額の問題だけではないのかもしれません。

 

また、地域によってもお給与の額は違うようで、大都市圏では、プラス5万円くらいになるということです。

 

看護師転職サイトで働く場所を自ら志願すれば、さらなるお給与アップも夢じゃないようです。

老健ではIVHの患者さんはいる?入れ替えや留置はどこで行う?

高齢化社会となった現代、独居の高齢者も増え続けていますね(;´Д`A

 

介護施設も次から次へと建てられていますが、まだまだ施設に入りたくても、入所出来ないでいる高齢者が沢山いるのが現状です。

 

介護施設には、様々な種類がありますが、それぞれに特徴があるため、一概に高齢者向けの施設ならどれでも構わない…というわけではないんですよね(´・Д・)」

 

介護施設には、特養、老健、有料老人ホーム、グループホーム、ショートステイ、小規模多機能…と、種類があります。

 

特養は、終の住処と呼ばれ、一度入所すれば、最後まで入所が可能です。

 

老健は、リハビリを目的とした在宅復帰支援施設です。

 

グループホームは認知症に対応した施設ですね。

 

ショートステイは、短期間の泊まり利用をする施設です。

 

そういった介護施設の中で、老健はドクターが常勤していることや、看護師が24時間常勤していることなどから、医療に近い介護施設と言われています(´・Д・)」

 

ドクターがいるから、施設内で出来ることが幅広くなりそうなところですが、実は老健は、医療費が全額施設負担となってしまうため、あまり高額な医療を施設内で行うことが出来ないんです(;´Д`A

 

だから、IVHの患者さんは有料老人ホームや特養の方が受け入れがいいですね。

 

私の働く社会福祉法人の老健では、IVHの患者さんは受け入れていません。

 

IVHに限らず、高額な医療費になる利用者さんの受け入れは、施設負担が増えるため、在宅酸素療法の患者さんなどの受け入れもしていません。

 

していない、というより出来ないんですよね(;´Д`A

 

入所させることで施設が赤字になってしまう利用者さんの受け入れをすることは、施設にとって不利益になってしまうんです。

 

せっかくドクターやナースが常勤していても、施設に負担が大きくなる医療は行えないなんて、なんだか残念ですね;^_^A