クリニックではどの年代の看護師が多い?ママさんナースはいますか?

私は、まだ子供が小さかった頃に、小児科クリニックで働いていました。
そのクリニックで働いているのは、ほとんどがママさんナースでした。
それも、小さな子供を抱えた、同じくらいの年代の看護師が多かったので、話も合って楽しく仕事ができました。

 

クリニックも、専門の科によって業務内容が異なります。
クリニックの中でも、小児科は体力が必要でかなりハードな業務です。
その為、年配の看護師はあまり働いていません。
小児科以外のクリニックの場合は、若い看護師から年配の看護師まで、年齢層が比較的に広いです。

 

私が働いていたクリニックは、新しいところでしたから、お局様のような看護師はいませんでした。
一番年上だったのは、ドクターの奥様です。
ドクターの奥様が看護師長を努めていたのですが、現場に入る事はほとんどありませんでした。
急な欠勤があったり、忙しい時だけ現場に入るくらいでしたから、顔を合わす事があまりありませんでした。

 

新人看護師やスキルアップをしたい若い看護師は病院での勤務を選びますから、クリニックで働いているのは、
ママさんナースや年配の看護師など、夜勤がない仕事や、カレンダー通りの働き方を希望する方だと思います。
働いていたクリニックには、病後児保育園が併設されていましたから、子供達を通してママさんと仲良くなったり、
子供を育てる上で、小児科での知識や技術はとても参考になりました。

 

それぞれ人によって働きやすさのポイントが違うと思いますが、私は、同じ環境の看護師が沢山働いている小児科クリニックは、
とても気に入っていました。
同じ環境の仲間がいる事で心強く、子育てと仕事の両立に悩んだり、忙しい時にも、頑張る事ができました。